大阪府立大學

今年も相互開催!“鉄道” と “生き物” をテーマに 秋の夜長にぴったりの學びを提供!

更新日:2021年8月25日

新型コロナウイルス感染拡大の狀況により、大阪府立大學が実施する講座は日時や內容の変更、中止となる可能性があります。

大阪府立大學(學長:辰巳砂 昌弘)と和歌山大學(學長:伊東 千尋)は、2017年に締結した包括連攜協定に基づき、両大學が有するサテライトにおいて幅広い分野の學びを提供することを目的として、両大學の研究者が入れ替わって登壇する公開講座を実施します。今年度で4回目となる今回は、「鉄道」と「生き物」をテーマとし、秋の夜長に學びを提供します。

両大學はこれまでにも、南大阪地域大學コンソーシアム、大阪府立大學工學研究科と和歌山大學システム工學研究科による「工學研究シーズ合同発表會」、文部科學省の「地(知)の拠點大學による地方創生推進事業(COC+)」等において連攜実績がありますが、包括連攜協定のもと、今般の取組によりさらに生涯學習分野における連攜を深めていく狙いです。

鉄道の津波被害ゼロを目指して―和歌山から発信する鉄道防災教育―(大阪府立大學 アカデミックカフェ)

講師 西川 一弘 準教授(和歌山大學 學長補佐 紀伊半島価値共創基幹 ”Kii-Plus”)

西川一弘準教授甚大な津波被害をもたらした東日本大震災ですが、奇跡的に列車乗車中、直接津波で犠牲になった人はいませんでした。紀伊半島沿岸を走るJRきのくに線を持つ和歌山でも、犠牲者を出さない取り組みが重要です。しかし、一般的に防災対策を展開すればするほど「ここは危険な地帯だ」と認識されてしまいます。そこで「防災と言わない防災」の考えのもと、和歌山初の新しいアプローチとして、豊かな和歌山?南紀熊野の地域資源を學びながら鉄道での避難方法も學ぶプログラム「鉄道防災教育?地域學習列車“鉄學”」を考案し、実踐しています。

この“鉄學”の哲學や鉄道防災教育についてお話しします。

日時 2021年9月14日(火)18時30分~20時30分
場所 大阪府立大學 I-siteなんば(大阪市浪速區敷津東2丁目1番41號 南海なんば第1ビル2階?3階)
受講料 無料
事前申込 要(先著15名)
問合せ先

大阪府立大學 I-siteなんば?

Tel 06-7656-0441

身近な生物多様性と絶滅危懼種の保全(和歌山大學 わだい浪切サロン)

講師 平井 規央 教授(大阪府立大學 生命環境科學研究科)

平井規央教授近年、生物多様性の低下が著しいとされており、絶滅種や絶滅危懼種の増加が続いています。特に、絶滅の危機に瀕した動植物種については、保全や保護増殖の取り組みが行われています。

今回は、絶滅寸前の蝶ツシマウラボシシジミ、都會で生きる絶滅危懼種シルビアシジミ、世界で1か所にしか生息しないヤシャゲンゴロウなどの昆蟲類をはじめ、フクロウ、小型サンショウウオ類など、私が関わっている動物の例を中心に話題提供します。また、府大キャンパスで発見された新種のハチや大阪南部と和歌山周辺で注目の生き物についても紹介したいと思います。

第129回わだい浪切サロン「身近な生物多様性と絶滅危懼種の保全」(和歌山大學 Webページ)

日時 2021年9月15日(水)19時~20時30分
場所 Zoomウェビナー(オンライン開催)
受講料 無料
事前申込
問合せ先

和歌山大學 岸和田サテライト(岸和田市港緑町1丁目1番 南海浪切ホール2F)

Tel 072-433-0875
Eメール kishiwadastaff[at]ml.wakayama-u.ac.jp [at]の部分を@と差し替えてください。

関連リンク

お問い合わせ

大阪府立大學 國際?地域連攜課 地域連攜室(アカデミックカフェ 擔當 吉田、矢追)

Tel 072-252-6299 Eメール opu-lib[at]ao.osakafu-u.ac.jp[at]の部分を@と変えてください。
草蜢社区日本在线直播-忘忧草社区在线WWW-免费看黄A级毛片