大阪府立大學

〈オンライン〉府大教育福祉研究センター公開講座(市大との合同企畫)コロナ禍における子ども、家庭、學校 ―2020年度の調査結果から得た知見をどう活かすか

〈オンライン〉府大教育福祉研究センター公開講座(市大との合同企畫)コロナ禍における子ども、家庭、學校 ―2020年度の調査結果から得た知見をどう活かすか
開催日
2021年11月29日(月)
第一部 16時15分~18時20分
第二部 18時30分~20時30分
開催場所
オンライン
Zoom

2020年度 厚生労働科學研究特別研究において、「コロナ禍における子どもへの影響と支援方策のための橫斷的研究」を実施。子どもの実態は、想像以上に非常に高いストレス狀態であることが明らかになりました。

今回の講座では、共同研究者である精神科醫とともに調査結果を検討し、これらを受けて、厚生労働省からも今後、どのような政策を方向づけられているのか発信いただく機會となっています。

また同日第二部として、大阪市立大學主催の公開講座もご案內しています。

第一部 大阪府立大學 教育福祉研究センター公開講座(大阪市立大學との合同企畫)

ミニ講義動畫「福祉や教育職のための新型コロナウイルス基礎知識」
山崎 伸二(大阪府立大學生命科學研究科 教授?大阪國際感染癥研究センター所 所長)

報告者

  • 山野 則子(大阪府立大學 教育福祉學類 教授、SSW評価支援研究所 所長)
  • 亀岡 智美 氏(兵庫県こころのケアセンター 副センター長 兼 研究部長)
  • 小澤 時男 氏(厚生労働省 子ども家庭局 総務課 課長)

第二部 大阪市立大學大學院 都市経営研究科 公開シンポジウム

テーマ:子ども?若者支援と重層的支援體制のあり方

  1. 「高校生のキャリア教育(福祉の視點から)」
    塩川 悠 氏(社會福祉士)
  2. 「子ども食堂」
    松本 學 氏(子ども支援NPO代表)
  3. 「子育て世代包括支援センター」
    河村 信子 氏(保育士?公認心理師)

コメンテーター

山野 則子(大阪府立大學 教育福祉學類 教授、SSW評価支援研究所 所長)

SDGs達成への貢獻

SDGs1、3、4、5、10、11

SDGs16、17

大阪府立大學は研究?教育活動を通じてSDGs17(持続可能な開発目標)の達成に貢獻をしています。

本書はSDGs17のうち、「1:貧困をなくそう」「3:すべての人に健康と福祉を」「4:質の高い教育をみんなに」「5:ジェンダー平等を実現しよう」「10:人や國の不平等をなくそう」「11:住み続けられるまちづくりを」「16:平和と公正をすべての人に」「17:パートナーシップで目標を達成しよう」に貢獻しています。

関連情報
定員なし
対象者本テーマに関心のある方ならどなたでも參加できます。
受講料無料
申込期間2021年11月22日(月)午前9時まで
申込方法

ご希望の方はメールにてお申し込みください。

(注意)申し込みアドレスは各部ごとに違います。

第一部

「氏名」「メールアドレス」「ご所屬(學生は所屬と學年、社會人は勤務先)」をご記入の上、お申し込みください。後日、事務局よりZoom招待の情報をご案內します。

Eメール kouza2109[at]ao.osakafu-u.ac.jp [at]の部分を@と差し替えてください。

第二部

メールタイトルに「11月29日參加希望」とご記入の上、お申し込みください。

Eメール goishi[at]osaka-cu.ac.jp [at]の部分を@と差し替えてください。

當日受付なし
お問い合わせ大阪府立大學 教育福祉研究センター
Tel 072-254-9517
Eメール kouza2109[at]ao.osakafu-u.ac.jp [at]の部分を@と差し替えてください。
草蜢社区日本在线直播-忘忧草社区在线WWW-免费看黄A级毛片